2017年12月15日金曜日

2017-18シーズン滑走6日目 午後から函館七飯スノーパーク

 午後から函館七飯スノーパークへ。ゴンドラ営業は午後3時までなので2本で終了、その後はペアリフト使って小沼コースで練習。南西側が山なので暗くなるのが早いです。

 今日はバインをセンターから一目盛前にセットして見ました。板が回り始めるのが早くなった感じがします。そして忘れていた板をたわますための屈伸を入れてみました。スキーの反応は感じたのですが動画を見る限りほとんど屈伸の動きが見えません。思ったほど動けてないのですね。昔レッスンで、体の動きはやり過ぎぐらいにやってやっと見えてくるものだといわれたことを激しく納得でした。

動画はこれ 普通の動画、360°VRから一方向をトリムしました。


ヘルメットマウントのカメラで撮った動画はこれ

2017年12月14日木曜日

2017-18シーズン滑走5日目 函館七飯スノーパークで360°VR動画撮影

まだ調子は戻っておりませんが滑り方を思い出してきたのでRICOH THETA SC で360°VR動画を撮影しました。大体予想通りの写りです。
 スキーのバインを昨年は2メモリ分後ろにずらしていましたが今日は真ん中に戻してみました。クローチングで角付けだけのターンをやってみてもずれていたのがトップからターンするようになりました。ターン始動時の食いつきが昨年は今ひとつだったみたいです。

360°VRはこれ

2017年12月13日水曜日

2017-18シーズン滑走4日目 ホームゲレンデ 函館七飯スノーパークへ

シーズン券を買っている函館七飯スノーパークへ今季初参戦。12/9からオープンしてましたが帯状疱疹の坐骨神経痛で2週間ほど寝て過ごしました。ほぼ痛みを感じることもなく滑ることができましたが体力の低下が著しいです。痛みの出た左下肢の筋力も落ちていてゴンドラ乗り場の階段を登るのもやっとの状態。シーズン初めは調子が悪いものですが今季はそれ以上に悪いです。でも景色は最高でしたよ。

2017年12月12日火曜日

函館氷河期2017

昨日の雨で雪がほとんど消えていた函館ですが早朝からの雪が既に20cmほど積もっています。


積もった雪の下は氷なのでスリップ事故が多くなるかも? スキー場には粉雪が積もっているはずですが視界も悪そうなので今日は家にいます。

帯状疱疹が出てから既に2週間、そろそろ痛みも消えつつあるので明日はスキー場に復帰できそうです。

2017年12月6日水曜日

帯状疱疹と坐骨神経痛 痛いよ

11月末のニセコスキーツアーから帰って1週間、左側の坐骨神経痛に悩まされています。椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は以前にもかかったことがありますが、今回はそれと異質です。灼けるようなじんじん疼くような鋭い痛みが続いて満足に眠れません。痛い側の臀部に湿疹が出てきました。10年ほど前に同じ痛みをツーリング中に経験しました。その時は片腕が眠れないほど痛かったのですが後頸部片側に痛痒い湿疹状のものが出てきました。汗疹と頚椎椎間板ヘルニアだと思ってましたが後日、帯状疱疹だったかもと思っていました。
 帯状疱疹は子供の頃罹った水疱瘡のウィルスが神経節に潜伏して免疫力が弱ったときに発症します。場合によっては疱疹が治癒したあとも神経痛が残る場合があります。もうひとつ要注意なのは帯状疱疹にかかる人の中には体の何処かに癌がみつかることがあるということです。
 地元のスキー場、函館七飯スノーパークがオープンするまであと3日。間に合うかなぁ?

2017年12月3日日曜日

断片的な記憶が戻ってきた アンヌプリ国際での脳震盪から


 11/30のニセコアンヌプリ国際スキー場での脳震盪から断片的な記憶が戻ってきました。夢か昔の記憶のような感じです。
写真はゴンドラで登り始めたところ。撮影した記憶もあります。結構雪が降っていてゴンドラ山頂駅でヘルメットのバイザーがオレンジで雪面がはっきり見えないなぁと思っていました。かといってバイザーを上げると降っている雪が目に入って滑ることができません。
 転倒はS字コースあたりの右端で右スキーが深雪に入ってシェーレン状に開いたあと開脚倒立前転みたいな姿勢で顔面からふかふか雪に突っ込みました。立ち上がってスキーを履こうとしたら雪が柔らかくて中々バインがロックしなかったこととヘルメットの顎紐にストラップでつないだContour ROAM3 がぶら下がっていたことを思い出しました。マウントがまた壊れたなと思いながらカメラをポケットに入れました。滑り降りてからジャンボ第1クワッドに乗って再びファミリーコースを滑っているうちにそこがアンヌプリ国際なのかグラン・ヒラフなのか分からなくなったので、これは脳震盪と判断してこれで止めることにしました。脳震盪を起こしたまま運動を続けると最悪の場合死亡することもあるということです。脳が正常な状態に戻るには2週間位かかるそうです。
 転倒理由は技術不足はもちろんですが雪の降る中、オレンジのゴーグルで雪の状態がはっきりと視認できなかった
ことも考えられるのでクリアタイプのバイザーを楽天市場で発注しました。もちろん壊れたContourのヘルメット用接着マウントもね。
 脳震盪を起こすような転倒を繰り返したらあしたのジョーのカーロス・リベラみたいになりそうで怖いです。気をつけなくては。

2017年11月30日木曜日

2017-18シーズン滑走3日目 ニセコ遠征2日目 アンヌプリ国際の怪

遠征2日目、夜の間に雪がたくさん降って山はパウダー天国。アンヌプリ国際へいそいそと。
 正面のダイナミックコース下部を横切るドリーム第1クワッド、昨年まではありませんでした。緩斜面を滑りたい人たちが急斜面なしで滑ることができるように新設されたようです。1日券が初滑り料金で2100円でした。
新雪の積もった斜面をるんるん気分でゴンドラに乗っているのがこの日の最後の記憶です。昼前にカミさんに電話してニセコに行くって言って出てきたっけ?という意味不明のことを話したとのこと。昼食を食べてから帰ると言ったそうですが食べた記憶もありません。ヘルメットに取り付けたアクションカムのマウントが破損してカメラはポケットに入ってました。明らかに頭から雪に突っ込んでいるのですが転倒時の記憶もありません、唇の中が切れて鼻の下に擦り傷があります。どうやら転倒で脳震盪を起こしたようです。昼には車に乗って帰ったのですが家に着くまで2倍位の時間がかかってました。黒松内の道の駅で車を止めて寝ていたようですが覚えてません。あるいは食事したのかも?
というわけで残念な結果に終わったニセコツアーでした・ω・