2016年12月29日木曜日

2016-17 シーズン滑走 11日目 函館七飯スノーパーク とどまつコースへ

年末休みに入った人が集まって少し混んできました。そこでほとんど滑る人のいないとどまつコースへ。全くの非圧雪でパウダーの荒雪です。面白いコースなのですが今は高速リフトがまだ動いてないのでこのコースの下端から上に上がることができません。降りることはできるけど斜度がなさすぎでスノーボーダーには辛い状態です。


 動画はこれ。曇りなので白一色で雪面の状態が分かりづらいです。

2016年12月28日水曜日

2016-17 シーズン滑走 10日目 函館七飯スノーパーク 冬休みで子供たち大勢

先週、3歳の孫が居間で寝てしまったので抱き上げて寝室へ連れて行ったら腰がぴきっと鳴って1週間の腰痛休場でした(+_+)

 その間に横津岳には雪が積もって函館七飯スノーパークのゲレンデも良い状態になっていました。写真はゴンドラ山頂駅降りてすぐの霧氷、青空に映えます。

 ドルフィンターンの基礎ドリルは何とかできますが着地の衝撃はやはり腰にこたえます。今日はターン初期は重心を前、後半は重心を後ろという意識で練習してみましたが・・・うーん(._.)

 荒雪の所もありますがスキーを体の真下に感じるポジションなら全く安心な感じです。

 動画はこれ




2016年12月20日火曜日

2016-17 シーズン滑走 9日目 函館七飯スノーパーク 暖気で湿雪

暖気で雪が減っています。写真はゴンドラ山頂駅前からピークカフェを。

 一部アイスバーンになっていてスキーが下に流れそうなときドルフィンターンのドリル前半のスキーを前に押す要領でずれが止まって横に走るようになるみたいです。

ロングターンのセルフィ動画はこれ


2016年12月19日月曜日

2016-17 シーズン滑走 8日目 函館七飯スノーパーク ゴンドラ運行開始

昨日予定されていた函館七飯スノーパークのゴンドラ運行開始は強風のため今日(2016/12/19 月)に順延。

 平日なのでかなり空いてます。風もないけど雪もなくてアイスバーンに短い笹が無精ひげのように顔を出してます。でも青空で気持ちが良いです。

 今日は私にとって長年の謎・ドルフィンターンの要領について少しだけ進展がありました。
曲げた両膝を急激に伸展してスキーを跳ね上げるということは分かっていたのですが頑張っても出来ませんでした。

 上体をあらかじめ前傾させておくことが必要だったみたいです。これでトップがテールを支点に跳ね上がって、すぐに膝を曲げてテールを引き上げると完成するはず。今日は前半部分のトップ跳ね上げだけを傾斜のない場所で止まって練習し、緩斜面で少しだけやってみました。まだまだですがほんの少しだけ進歩したみたいです。ドルフィンターンは深雪やコブで役に立つ技術なので是非ものにしたいと思います。

動画はこれ

2016年12月14日水曜日

2016-17 シーズン滑走 7日目 函館七飯スノーパーク 昨日の暖気で固い雪に

昨日1日暖気で融けた雪が締まって固い雪になりました。
板が横ずれしやすくて気を付けないとラインを大きく落とされてしまいます。

 外スキーだけでは横ずれを防げないので内スキーにも多めに荷重してみました。体全体が内側に傾く感じになります。

動画はこれ

2016年12月12日月曜日

2016-17 シーズン滑走 6日目 函館七飯スノーパークで自撮り

函館七飯スノーパークは乾燥した圧雪状態でした。青空が出ていて気持ちが良いです。
 今日は荷重配分を

常時
右3 左7
 ↓
右7 左3

という練習の後で左右均等荷重を意識して滑って見ました。

自撮り動画がこれ



2016年12月11日日曜日

2016-17 シーズン滑走 5日目 函館七飯スノーパーク 雪降りのオープン

函館七飯スノーパークが本日オープン。
雪がどんどん降っています。人工降雪機もフル稼働。今はまだペアリフトのみ運行で小沼コースだけですが近いうちにゴンドラも動き出しそうな感じです。
 ゴンドラが動けば新しくできたピークカフェも利用できるので楽しみです。

動画はこれ

2016年12月8日木曜日

2016-17 シーズン滑走 4日目 パウダーのニセコ・グラン・ヒラフ

融雪で苦戦していたニセコに恵みの降雪が。
おかげで山麓まで滑って降りられるようになりました。しかも全山パウダー!(^^)!

 新設のキング第3クワッドに乗ってジャンボコースを滑って見ました。



こちらはキングベルから下、グリーンコース、アルペンコースでホテルニセコアルペン前まで降りるところです。

2016年12月7日水曜日

2016-17 シーズン滑走 3日目 降雪後のルスツ

昨日から寒波が入って北海道には沢山の雪が降りました。ルスツリゾートのMt.イゾラはスティームボートA,Bの2コースが滑走可能、新雪粉雪がありました。遊園地側のMt.ウエストは何故か上が駄目で下の緩斜面のみオープンしてました。 Mt.イースト駐車場がクローズのためMt.ウエストからMt.イゾラへはシャトルバスで30分。それでも新雪のある長いコースを滑ることができるので楽しめました。
 ニセコも昨日は山麓まで滑り降りることができなかったのですが今日は可能になったみたいです。
動画はこれ

2016年11月16日水曜日

2016-17 シーズン滑走 2日目 中山峠スキー場 昨夜の降雪で復活

昨日午後から降り出した雪が積もってゲレンデ復活! このような景色に。やや湿った粉雪で重いけどいい練習になります。今日は内スキーへの荷重も忘れないようにしてみました。特にターン始動時に内膝を次のターン内側へ倒すことを心がけると重い荒雪の斜面でも安定したターンが可能でした。



2016年11月15日火曜日

2016-17 シーズン滑走 1日目 中山峠スキー場 雨の初滑り

函館を朝早く出発して喜茂別町の中山峠スキー場へ。今朝は大雨でルスツあたりでも全く雪がない状態。ダメ元で来てみたらリフト動いてました。土があちこちで出ていて積雪20cm、よくやってるよというレベルです。昼前には雨まで降りだしましたが午後からは気温が下がって雪がちらついてきました。
 当然湿雪ですが一部アイスバーン、岩少々。切替で両スキーフラットを意識して練習してみました。

2016年11月4日金曜日

雪の準備完了

 タイヤ、ワイパーブレード交換!
スキーキャリア装着!
雪の準備完了!
北海道中山峠スキー場は来週末(2016/11/12)オープン予定とのこと。他のスキー場も来週、再来週あたり次々オープン予定です(^^♪
 

2016年11月2日水曜日

函館七飯ゴンドラ ピークカフェ

10月末に完成オープンした函館七飯ゴンドラのピークカフェへカミさんと行ってきました。2016/11/6までの営業。その後はスキー場オープンとともに再開です。
ケーキ2個とコーヒーのセットが650円でした。きれいな景色眺めながらのんびり、いい感じです。
ゲレンデに展望所も出来てました。

2016年10月30日日曜日

2016 函館でも初雪

2016/10/30 函館で初雪。私は見なかったけど、今年は早いですよ。昨年は11/24でした。

2016年10月23日日曜日

MediaPad T2 7.0 Pro パッチが降りてタッチスクリーンの反応改善

Huawei MediaPad T2 7.0 Pro にパッチが降りてきました。Androidは5.11のままですが購入当初から気になってたタッチスクリーンの反応の遅さが改善したみたいです。

2016年10月7日金曜日

さよならプー(TT)(TT)

プーが虹の橋を渡ってワンコロ天国へ行ってしまいました。14歳でした。
楽しい思い出をたくさんありがとう。さよならプー(TT)(TT)(TT)(TT)(TT)(TT)(TT)

2016年10月5日水曜日

五色温泉からアンヌプリ登山2016

ニセコの曽我森林公園でキャンプして翌朝、五色温泉からアンヌプリ登山をしてきました。数年前にアンヌプリゴンドラから登ったことがありますが、五色温泉からの方が少し登山道の整備が良い感じです。とは言え、イワオプリに比べて足場は悪いです。ヨタヨタの私はたくさんの人に抜かれて2時間もかかって山頂へ(*_*;
でも景色は最高!!
紅葉は今ひとつでしたがニセコの山々が美しく輝いてました。
もっと足を鍛えなくては。


2016年9月16日金曜日

富良野ツーリング2016 4日目

今日は洞爺湖から函館まで帰るだけです。いつものことながら最終日のレポは超テキトーです。
今回はテントで3泊4日のツーリング。ドライブレコーダー、スマホ、アクションカ厶、レーダー探知機、ヘッドセット、ナビの電源を走行中にモバイルバッテリーに充電しながら確保できるかという実験でもありました。レーダー、ドライブレコーダー、ナビは走行中に給電しているのでモバイルバッテリーが必要なのはスマホ、アクションカ厶、ヘッドセットです。
写真のモバイルバッテリーは7800mAhですがこの他に5000mAhのモバイルバッテリー機能付きのLEDランタンも使用して出発前に両方とも満充電でかろうじて足りる程度でした。3日目には空になったモバイルバッテリーを1日走行しても残量表示は1/4程度までしか充電されていないようでした。1眼レフカメラのバッテリー充電器はAC専用なので持っていかず、3泊目の星空撮影の途中で使えなくなりました。この装備で1週間以上のテント泊だと電力危機になりそうです。
グリーンステイ洞爺湖

 これがルートマップ

2016年9月15日木曜日

富良野ツーリング2016 3日目

 2泊中、夜の宴会でお付き合いいただいた京都のGPZ乗りさん、大阪のHijet &  Benry50 乗りさんに別れを告げて出発。今日は一般道で洞爺湖まで。
ルートはこのとおりです。


 途中の通行止めはほとんど解除されたらしいので富良野から桂沢湖、夕張、千歳、
支笏湖、美笛峠経由で行きます。
芦別で三段滝
ここはマムシに注意です。
伊達市大滝区で昼食。道の駅フォーレスト276大滝に寄ってみたのですがかつては世界最大級のログハウスと1億円のトイレを売りにして賑わっていましたが今は閑散としてました。ジオパークピザの看板が目立つのですがレストランの中に入っても食券券売機にはピザのメニューはなく、値段も張り出してないのでやっぱり隣のきのこ王国へ行きました。
きのこカレー、780円也。きのこのシャキシャキ感がカレーに合って美味しかったです。
白老方向へ少しだけ反れると三階滝があります。三階滝からは壮瞥町方向へ降りていきます。












 15:30、グリーンステイ洞爺湖到着。平日なので空いてます。
十五夜なので月の写真を。バイクツーリングなので18-55mmのレンズしかないのでこんなの。














 ほぼ満月なのに月のない部分に星が見える。光害の多い函館市内では考えられないことです。
本日の走行距離は259kmでした。

2016年9月14日水曜日

富良野ツーリング2016 2日目

 さて2日目、今日がメインで美瑛、十勝岳方向を周ります。その前に先日の台風10号で突然、青い色に変わったという富良野市の鳥沼を見に行きます。
一部ですが確かに青い場所がありました。
全体的には緑色のきれいな沼で水鳥が泳いでました。裏磐梯五色沼の毘沙門沼に似ています。


富良野市の鳥沼から上富良野町へ戻って更に美瑛町 ぜるぶの丘・亜斗夢の丘 へ。
カートに乗るカップルが多かったね。
ぜるぶの丘からワィンディングを登って十勝岳望岳台。十勝岳の山懐へぐぐっと近づいた感じです。望岳台の近くに吹上温泉白銀荘があります。日の出公園オートキャンプ場ではここの入浴が600円のところ400円になる割引券をもらえるのです。ここから徒歩5分の距離に無料の吹上露天の湯もあります。北の国からで宮沢りえが入ったということで大人気に。
 白銀荘前キャンプ場もあります。白銀荘で受付、1張り500円です。なんと通年営業とのこと。

 本日の走行距離は112kmでした。

2016年9月13日火曜日

富良野ツーリング2016 1日目

 函館発の富良野バイクツーリングです。台風被害で道北道東の道路通行止めが随所にあるため富良野中心に周ることにしました。
初日は一気に富良野を目指しましたが、有珠山SAで休憩後、ルート変更。霧雨のため道央自動車道を白老で降りて四季彩街道で伊達市大滝区へ。
大滝のきのこ王国で昼食。きのこ天丼、980円也。これが美味いんだなぁ。
驚いたことに美笛峠では雨が降っていませんでした。これなら洞爺湖から大滝を目指した方が早かったですね。


 千歳へ抜けてから経費節減のため一般道で夕張へ。夕張からは桂沢湖経由で富良野へ向かうのが良いのですが道路の通行止めが心配なので夕張から占冠までは再び道央自動車道で。
占冠から一般道で北上すると富良野です。
上富良野の日の出公園オートキャンプ場に着いたのはもう夕方。ここに2連泊、1泊500円。
テントにいるのは京都からのGPZ乗りさん、3か月の超ロングツーリングだそうです。大阪からHIJETをトランポにしてベンリ―50で現地を回っているライダーさんもいました。走行距離は463kmでした。

 夜にライダー同士で酒盛りしていたら十勝岳方向からドーンという音と閃光
「今日は花火大会ですか?」
と聞いて笑われました。上富良野の陸上自衛隊の夜間演習の砲撃と照明弾でした(・。・;

2016年9月6日火曜日

2016-17 シーズン券 申し込み

函館七飯スノーパークの2016-17 早割シーズン券
シニア(55歳以上)は37,000円で9月中に申し込めば山麓レストランの食事券5枚サービスだって。
 

2016年8月24日水曜日

ニセコ神仙沼ツーリング

 函館からニセコまでの日帰りツーリングです。
写真は神仙沼。
ニセコパノラマライン 神仙沼自然休養林休憩所から道路を渡って木道に入って徒歩15分。

沼の周囲は湿原になっていて尾瀬のような景観です。


ツーリングマップ ニセコ付近を拡大

ムービーはこれ


2016年8月19日金曜日

アオサギ ズームレンズvsフィールドスコープ

 函館市赤川の笹流ダムにアオサギがいたのでズームレンズにテレコン装着して焦点距離840mmとフィールドスコープで焦点距離1440mmの写真を比較してみました。
アオサギまでの距離は約200mあります。

 焦点距離だけ見ると1440mmの方がきれいに撮れそうに見えるけど比べてみるとズームレンズで840mmの方が拡大しても比較的に鮮明です。フィールドスコープの対物レンズ径が52mmなので絶対的な光量不足が敗因でしょう。もっと径の大きいものにすればきれいに撮れるかも。
 
 しかし昨今の高性能コンデジならこんな写真を遥かに超えるものを1/3のコストで可能なんだよね。

TAMRON SP70-300mmF/4-5.6Di VC USD
KENKO 1.4X TELEPLUS PRO300 DGX-E
KENKO 2.0X TELEPLUS PRO300 DGX-E
で焦点距離840mm
ビクセン ジオマII ED52S 接眼レンズGL25
カメラアダプターG延長リング付き
で焦点距離1440mm

2016年8月13日土曜日

早朝の八郎沼公園

毎年ここで子育てをしてるカイツブリ、子供に魚の捕り方を教えてます。
沼の真ん中をのんびり泳いでいると思ったら・・・
しっかりとこっちを見てました(;・∀・)

カワセミも定位置で魚を探して待機中。
今日も飛行トンボを撮る練習してます。
写真は撮ってませんが広場にエゾシカが来てました。

2016年8月12日金曜日

ライブビュー撮影なら2倍以上のテレコン装着でもAF可

EOS6Dにタムロンの望遠ズーム・モデルA005を装着して2倍以上のテレコンを使うとファインダー撮影ではAFできなかったのですがライブビュー撮影ならAF可能でした。
ファインダー撮影では位相差AFですがライブビュー撮影ではコントラストAFということが理由のようです。但しこの方法は動くものを追う撮影には向いてないみたい。

2016年8月9日火曜日

Chromebook  ではCTRL+ウィンドウ切替キーでスクリーンショットを撮ることができます。また、CTRL+SHIFT+ウィンドウ切替キーで十字カーソルが現れて選択したスクリーンの領域だけのスクリーンショットが撮れるのですが領域選択のドラッグがうまくできませんでした。
調べてみたら詳細設定で「タップによるドラッグを有効にする」にチェックを入れておく必用があることがわかりました。
これで十字カーソルを領域の端へ合わせてタッチパッドを強く押してクリック音がしたらドラッグして対角線まで持って行って離すと選択が完了しスクリーンショットが保存され、右下の通知部分にメッセージが表示されます。