2017年6月27日火曜日

キャノンPowerShotSX60FSで星撮りは

野鳥撮影は得意なPowerShotSX60FSですが星はどうか試してみました。
まずはこのカメラの仕様ですが、

 ○ シャッター速度1.3秒以上になるとISO感度が100に固定されてしまう
 ○ シャッター速度は最長15秒でバルブ設定はない

というわけでこれを見ただけで星の撮影は不向きという気がしますが、とりあえずテスト。

撮影方法

 ○ 三脚とポラリエ使用
 ○ Mモードで露光時間15秒
 ○ 絞りは開放値
 ○ ISO100
 ○ ズームはワイド端
 ○ RAWで撮影

一枚撮ってみたら、こんな感じ
一応、星は写ってるというレベル。
















RAW画像を明るく現像
少し星が多くなった。
















7枚をRegistax6でスタック、wavelet処理
星がたくさん現れたけど街明かりの光害も顕著に。















Googleフォトの編集機能で光害を補正して除去
出来上がったのがこれ。
街中なのでこの程度ですが先日のきじひき高原のような条件が良いところならもっときれいに撮れるとは思います。

 今回は15秒を7枚スタックしましたが20枚スタックすればなんとかなりそうです。

2017年6月26日月曜日

鳥を撮り比べ フルサイズ vs コンデジ

先日の札幌旅行で水没し修理不能になったEOS Kiss X50の代替にPowerShot SX60HS を買いました。
光学ズームで35mm相当の焦点距離が1365mmとういことなので、
EOS 6Dにタムロンの300mmとケンコーの1.4倍テレコンを着けて420mmにしたもので雀を撮り比べをしてみました。

まずはノートリミングの画像で画角を比較します。
上が6D
下がPowerShot
一目瞭然です。











次に雀のサイズに合わせてトリムした画像で解像感を比較
上がPowerShot
下が6D
6Dの解像感が上と予想していたのですが、それほどでもありません。もちろん一眼はレンズの性能によって写りは大きく変わりますけど費用も高くなります。費用対効果では完璧にPowerShot SX60FS に軍配です。

2017年6月13日火曜日

せたな回り黒松内キャンプツーリング

1日目 2017/6/12(月)
 BUNくんと今年初のキャンプツーリング。左がルートマップ。八雲からせたなに向かうのがベストなルートですが私が間違ってしまい少し遠回りです。



せたな町三本杉岩のレストランわっかけで昼食。
上がせたなカレー
下がせたな焼きカレー
基本は海鮮カレーにチーズが乗ったものです。

せたなの海岸には奇岩が多く、これは獅子岩ですがゴジラに見えます。この他に窓岩や亀岩というのがあります。道の駅よってけ島牧に寄ってから峠を越えて黒松内へ。
 黒松内の歌才オートキャンプ場ル・ピックのバンガローを予約しておきました。炭火バーベキューコンロや椅子の貸し出しがあり、炭や薪も売っているのでバイクツーリングにはとても便利です。食材は黒松内駅前のAコープで調達した長沼かねひろのジンギスカンとホルモン。美味しかった!






2日目 2017/6/13日(火) 

 帰りはせたな~八雲ルートで。実は2日目も少し道を間違えてせたなから今金経由で八雲へ行ってしまいました。












黒松内町はブナの北限ということで左の写真はブナの雌花です。


もうひとつ、珍しいのでホオノキ。
花も葉も木もとても大きいです。













動画はこれ




2017年6月6日火曜日

初夏だけど寒いツーリング 雲石峠

 当初はせたな町まで行く予定でしたが高速道路を走るうち、あまりの寒さにコースを短縮して八雲ICで降りて雲石峠で熊石へ。雲石峠はかつては交通難所で事故が多かったのですがトンネルができてルートが変わり以前より安全になったみたいです。熊石はアワビの養殖と海洋深層水で有名。
八雲町熊石から乙部町へ。写真は道の駅ルート229元和台 からの眺めです。晴れた日の乙部の海は本当に綺麗です。ここにも義経伝説があって、乙部へ渡った義経を追いかけてやってきた静御前が義経に会えず乙部の姫川に身を投げたというお話。

そこに咲いていたハマナス。乙部町は食用百合の栽培が盛んです。海産物ではスケソウダラ、特にたらこが有名。乙部ワインのワイナリーもあります。
道の駅からほんの少しだけ江差寄りに展望レストラン元和台があります。崖の上にあって展望は最高、料理もおいしいです。ここには元和台海浜公園があって下に降りると海のプールがあります。
期間限定 ひらめ天丼 900円也
これは美味しかったです。
本日の走行距離は224kmでした。
動画はこれ

2017年6月3日土曜日

カレラ・カルマ2016モデル

カレラ・カルマのバイザー付ヘルメット。ヘルメットとゴーグルでも良さそうですが被るときゴーグルが結構邪魔します。これなら被ってからカシャっとパイザーを降ろすだけ。
旧モデルの在庫があるうちに買いました。メット本体は軽くて強度はどうかなという感じ。鉄柱に直撃しなければ大丈夫でしょう。